アモ~レ☆チョッチョモ~レ

試す人になろう。

23年も凶

mutakoba@大仏です。

 

昨年に続き今年のおみくじも凶。

毎度おみくじ引くのは川越の喜多院と決めています。

 

 

 

昨年も凶が3枚でましたが、今年も我が家は凶が3枚。凶率高い。ワタシは最凶。

 

とにかく調子に乗ることなく自重しながら一年を過ごして行きたいと思います。

 

そういえば昨年の正月には夢がないなぁ、なんて話を書いてたんですね。覚えてないけど。

 

職場が変わって通勤は大変になったけれど、毎日そこそこ楽しく過ごせていることに感謝。この環境に甘えずに自分探しは継続していきたいですね。

 

さて、夢といえばワタスの初夢4日夜に見ました。

 

すごく鮮明で覚えているのですが、登場したのはやっぱりあの頃のお馴染みのメンバーで、なんか今でもそうやって夢に見るんだなぁと不思議に思いました。まぁワタスの人生のひとつのハイライトであることは間違いない。

 

先週末はまた不思議なことに、ご無沙汰の諸葛ベイシアから電話かかってきた。寝てて出れなかったのですが。

 

今はみんなそれぞれ離れてしまったけれど、今もみんな思うところは同じなのかもしれない。

 

楽しかったあの頃を超える超えないではなく、自分達で决めた道だから、せめて楽しく歩いていこう!

 

ち〜ん。

IPAビール 値段じゃないのよ美味しさは(笑)

mutakoba@大仏です。

 

バーのマスターにいろいろ教えてもらって、へぇビールってこんなに美味しいんだと再認識した今日この頃。

 

お店で缶ビールなんか飲んでもしゃーないっしょ!とか思ってたんですが、いやいやどうして美味しいから、生でも瓶でも缶でも、そういうククリでビールの良し悪しを決めるもんじゃないですね。

 

お店で頂くとやはり一本1千円以上なのですが、家で飲めばもっと安く飲めるんべ!と昨年末よりいろいろビール調達したわけであります。

 

まずはデュベル

https://www.duvel.com/ja-jp

 

ベルギーの悪魔のビール?でそこそこポピュラーですね。

ワタシは催事コーナーで仕入れました。3本で1500円。

 

デュベルにもいろいろ種類がありまして、ワタシは限定のカシミアホップというIPAを買いました。うんうん、この華やかな香りと濃い目のアルコールがIPAだよね。美味しかった。

 

やはり瓶ビールはビジュアル的にもいいよね。

 

瓶ビールといえば、お次はイオンリカーでゲートしたこちら、常陸野ビールのだいだいエール。350円くらい。

https://hitachino.cc/beer/

 

ダイダイというだけあって、柑橘系の香りがして、なんだかお色もオレンジがかっています。

 

女性にも受けそうなビールとお見受けしました!

 

さてさてお次もイオンリカーでゲットしたエチゴビール雷電 閂。

あれ?エチゴビールじゃなくてオラホビールなのか。。。

ウェブサイト見てもわかるように、ファッション性デザイン性の高い缶ビールです。感度高い系ビールだね。

https://ohlahobeer.com/raidenipa/

 

これお店で手にとって見ていた時に落としちゃったから仕方なく買ったビールなんですが、なかなかどうして美味しいビールでした。パッケージに騙されてるのかもしれませんが、華やかさの中にガツンと来る感じがあって一杯目でも二杯目でもいけるテイスト!

お値段300円とか350円くらいだったかなー?

 

最後はこちら。

サントリーの東京クラフト。近所のスーパーで230円くらい。

https://www.suntory.co.jp/news/article/14267.html

 

 

コスパ、お味。

どちらをとってもワタシには最高のビールでした。

 

庶民的にはこれくらいの日常プラスαくらいの存在がご褒美ビールとしてはちょうど良く、気分もあがります。

 

さて、今日はOKで気になっていたトンダバタ仕入れたので飲んでみま〜す。

 

ち〜ん。

 

 

2023 小径ブラザーズ 長瀞4寺社詣で

mutakoba@大仏です。

 

なんと神々しい。。。ママチャリに後光がさしております。

 

 

 

2023年もアレしましたが、今年も挑み続ける一年にしたい。こんなことオッサンが言うのも恥ずかしいのですが、ほんと挑戦し続けたいですよ。

 

 

挑む+続ける

 

がミソです。

 

会社にぶら下がったり、置きに行く仕事しかしなかったり、詰め将棋したり、先人の残した遺産で喰ってる人たちもそりゃいるのでしょうが、そういう人たちとは同じ空気は吸いたくないんでね。

 

で、今年一番のチャレンジは秩父34札所巡りをしようと思ったんですよ。

秩父札所34ヶ所 | 秩父観光協会

 

 

 

ママチャリで

 

 

で、冒頭の写真がそのママチャリなわけですが、ワタス所有のものではなくいつものあいつの愛機。ワタスのママチャリはというと、ムスメが乗ることになり残念ながら乗車禁止。こんな時に大変ありがたいのがCamel氏から長期借用中のダホンさん。

 

で、ママチャリ+小径車で秩父34札所巡りをしようぜ!という話が年末飲みながら出来上がっていたのですが、、、酔いがさめ、現実的に考えをめぐらすと、深谷発の日帰り秩父往復はさすがにきついだろと。ママチャリだぜ、と。。。

 

で、ヒヨった我々はとりあえず寄居あたりまで行って考えるんべと、1月3日9時30分に深谷のガレージを発ちました。

 

 

今回ワタシはダホンで参加しましたが、ママチャリで参加の浜太郎のサポートカーに徹しました。

風よけと荷物持ち(英式バルブ用の空気入れ、、、)

 

20インチと24インチ、小径ブラザーズです。

 

さて、今回巡った寺社。

 

寄居の普光寺。

アイリスオーヤマ近くにある立派なお寺さんです。失礼ながら人生で初めて詣でました。

参拝客は少なめでしたが、達磨やお守りが売られており、地元の人たちに愛されている感がすごかった。来年はお守り求めに行きます。

 

goo.gl

 

普光寺さんでドラム缶焚火にあたりました。

レンズが汚れているのか?ドラム缶下にトリコロールの不思議な虹。

 

 

普光寺を出た後は一路玉淀の水天宮へ。

住宅街の中にあるあまり大きくない建物で見落としてしまうところでした。

 

goo.gl

 

荒川沿いにある水の守り神ですね。

 

 

ここまでダラダラのらりくらりとやってきましたが、まだまだ脚もあるしもう少し奥へ行ってみんべ!ということで、長瀞まで行ってみることにしました。

 

さすがに狭い140号沿いをママチャリで走るのは気が引けますし、それ以上に精神的にも疲れるので、極力140号は迂回するルートを使いました。

波久礼からは橋を渡って荒川の反対側へ。

ここの坂は結構きつくて、あー、自転車の登坂ってこんな感じだったなぁと思い出させてくれました。

 

そんなこんなで長瀞に到着。

宝登山まではすごい車列でしたので、残念ながら行くのは中止。

ちょうど昼時だったこともあり昼食をとることにしました。

 

ぶらりと入ったのはこちらのお店。

r.gnavi.co.jp

 

 

極めてフツーのお味のソースかつ重をいただきました。

大変失礼なことを書いてるようにも思いますが、では、極めておいしいソースカツ重が埼玉の味なのか?といえばそれも違う気がするんですよね。

 

埼玉の田舎の味、おいしかったですよ。

おいちゃん、おばちゃんもいい味出てました!

 

さて、お腹が満たされた我々、日没までには帰宅して、飲みたい!気分でしたので、長瀞を折り返し地点とし、帰路に。

 

帰路で立ち寄ったのは、白鳥神社と姥宮神社。

 

白鳥神社長瀞で立ち寄るべきは宝登山と岩畳だけではないんだよ、ということを教えてくれる神社。

 

立派な神楽殿もあり、神楽を見てみたい、とかなり本気で思いました。

 

駐車場がないあたり、こちらも地元の方たちに愛されている神社です。今回巡った中で一番パワーもらったスポットです。

 

goo.gl

 

 

白鳥神社を出て波久礼まで行き、一休憩(1峠超えた)。

そのあとは風布〜激坂経由で玉淀まで行こうということになり、波久礼からえっちらおっちら風布まで登っていきます。

 

斜度はそれほどでもないですが、それなりの坂です。

 

ちなみにこの日は1月3日でしたが、1人で歩いている(トレッキング?)おじさんを数人見かけました。この風布への登りでも見かけたんだけど、なんかちょっと怖かったな。まぁ、三が日からひとりでぶらりと散策中ならいいんだけどね、、

 

さて、風布館に着く前に右手にあるのが姥宮神社です。

写真撮り忘れました!だってここまでの坂がそこそこきつかったし、この後、地獄の登りがあるとわかっていたのでちゃんとお参りしないと!と思ってたからね、、、

 

我々は知りませんでしたが、姥宮神社=とめみや神社と読むらしいです。

狛犬ならぬ狛蛙が独特な神社でした。

こちらも独特の雰囲気というかオーラあり。癒されました。

 

goo.gl

 

おかげさまで、無事に激坂も足をつかずに登り切り、ハーズ花園経由で15:30に帰宅。

まぁ60km、6時間の旅でしたな。ママチャリにしてはそこそこの行程だったのではないでしょうか?

 

ダホンにとっては少々物足りなく、平地での巡航速度をもう少しあげたいところ。ママチャリに合わせると18km/くらいがちょうど良いペースですがあと2-3km/hはあげたい。

 

久々のチャリで、思った以上に登坂がハードでしたが、ランニングしているせいか?立ちこぎが楽になったのは意外でした。

 

ロードもいいけど、気軽にポタリングするにはビンディングなしのこれくらいのペースがいいのかもしれません。

 

もう少し暖かくなったら秩父リベンジ果たしたいな!1泊2日で34か所巡りたい!

 

挑み続けられる一年になりますように!

 

あ、ちなみにダホン。M2にも入るんですの。素敵よね(ちょっとペダルで傷つけちゃったので次回からペダル外してのせよ)

 

 

ち~ん。

日石トラストポルシェシェイクダウン

mutakoba@大仏です。

 

今年の夏に購入したメルセデス・ベンツC11を日石トラストポルシェ962にペイントしてから一度も走らせる機会がありませんでしたが遂に先週末走らせてきましたよ。

 

やっぱりカッコイイ!

そしてポルシェ962GTi感もちゃんとある!

(寄りで見るには耐えられたもんじゃありせん)

 

 

さて走らせたのは地元の荒川沿いのアスファルト。クルマも人も通らず近くに民家もなく恐らく誰にもご迷惑かけてない。。。と思います。

 

今回は新旧耐久レースカー対決で、打倒TS050。こうやって並べると同じスケールとはいえ、でかいなー。そしてTS050はカッコ悪い。

 

 

シャーシも異なります。

ワタシのは30年前基本設計のバスタブ+Tバーの昔ながらのシャーシ。もちろんスポンジタイヤ。

一方TS050はF103GTですから、ツーリングカーボディもマウント可能で、六角ハブでこちらもツーリングカーのタイヤを装着可能なタイプ。

 

ホイールベースも違うんですね。

 

ワタシはF103GT買ってCカーのボディ載せたいなぁとか思っていたからそれができないことがよくわかりました。

 

アンダーカウルは2台とも自作。小石が多いのですぐシャーシ傷つきますからね。ワタシのはフロントアルミ、リヤは樹脂にしたのですが、走行後にいろいろ課題も見えてきました。それはまたいつか治すときにでも。

 

少し日が傾くのを待ってレーススタートにしました。せっかく装着したLEDが引き立つようにね。

 

なんだかモーターランド2みたいな。

 

 

レースはワタシの圧勝。というかジョンソンとスポチュンの差ですね。次はイコールモーターでやりたいね。

 

気持ちよくオーバーテイクできたなぁ。

 

やはりポルシェとトヨタではボルシェなんだよね。ポルシェのレース部門もメーカーと汚い詰将棋してるのかなぁ?してねーだろな。中途半端にメーカーに金もらってクルマ作ってる変なブランドもないしね。

 

さて、気持ちよくラジコンしたあとはいつものガレージキャンプ。

 

この日は風が無かったけど寒かったな。

 

 

 

北海道池田町で購入したブランデー、とっても美味しかった!

 

 

チビチビ飲みながら気付いたら日付変わってました。

 

また来年も宜しくお願いします。

 

次回はパリダカだな!

 

ち〜ん。

エスクァイア オイル交換 カインズホームオリジナルオイル投入

mutakoba@大仏です。

 

一年のこの時期の定例行事となっているエスクァイアのオイル交換。

 

今年も一年お疲れ様でした、の意味も込めて自分で作業しています。

 

今回オド50,800km。そうそう5万キロ超えたんですね。

 

さて、昨年入れた高級オイルカストロールは大変いいオイルと感じましたが、今年はケチってカインズホームオリジナルの0W-20を投入することにしました。だってアータ、4リッターで3000円以下ですよ。街乗りエスクァイアには十分です。

 

一年に一度の交換なのでオイルフィルターも一緒に交換します。

 

今回はPIAAのオイルフィルターを初投入。何気に前期と後期でオイルフィルター形状違うようですね、エスクァイアハイブリッド。紛らわしい。先日タイヤ交換の帰りに久々にオートバックス立ち寄り、適合表睨めながらオイルフィルター買って家に帰って開けてみたら、金属ケースタイプのもので、ちゃうやん!!!となりました。Amazonで500円ですもん、オートバックス使わなくなるわけだわ。

 

 

エスクァイアの場合Oリングは大きいもの一つだけ使います。新品オイル塗り塗りすることを忘れずに!

 

 

さて、交換は簡単です。

今までパッキンは2回に1回しか交換しませんでしたが、ストックがたくさんあったのでケチらず交換。たぶんエスクァイア用のパッキンもう買わなくてもいいんじゃないか?と思います。

 

ドレンボルトにも新品オイル塗り塗りして締め込み、カインズホームオイル投入。今回はフィルター交換ということあり、4L入りました。過去の記憶だとフルで4リッター入らなかったような気もするが、まいいか。

 

エアロついてるので前にくすねてきたスロープが役に立ちます。これいつまで使えるのかな。そろそろ壊れそうだけど。。。

 

 

頑張ったカストロールオイルはこんなもんでしょう。

距離5千キロくらいなのでまだまだ使えそうですけどね。

 

 

さて、これでエスクァイアも気分良く今年も年を越せそうです。

 

ち〜ん。

M2のタイヤ交換

mutakoba@大仏です。

 

来年1月入荷と聞いて首を長くして待っていたM2のタイヤ交換。

 

もっと短納期なタイヤもいろいろあったのですが、履いてみたかったんです。コレ。

 

そこそこのタイヤにしても、サイズ的に4本で2-30万円するお買い物ですから、数万円安い高いはあれど、自分が気になったモノを装着したいですよね。

 

今ノーマルホイールに履いてるのはミシュランスーパースポーツ。いいタイヤと思ってはいるのですが、デビューが少し古いので同格の新しいタイヤということで、パイロットスポーツ4Sにしました。わかりづらいのですが、パイロットスポーツ4と4Sは別モノのタイヤなんですって。じゃ、パイロットスポーツ5はどうなん???それはパイロットスポーツ4の後継。。。シリーズごとに明確な名前にしてくれるといいんだけどね、パイロットシリーズのヒエラルキー構造がイマイチよくわからないー。

まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、5年経過したタイヤ。パンクしなければズルズル履いていたかもしれません。

 

 

しかし、来年の4月は3回目の車検ですのでタイヤくらいはまぁ変えとこ。この先もっとタイヤ代高くなるかもしれんし。。。とパンク修理ではなく、交換に踏み切ったわけです。あと5年使うとして、一年4〜5万円かぁ。まー、安くはない。。。あー無駄にお金使ってしまった。。。

 

なんてしょーもないこと考えながら作業見守りました。

 

そんな憂いが驚きに変わったのが帰路。

もう100m走れば違いに気が付きます。

幹線道路こんなにスーッと走ったっけ???

ガタガタ揺すられるイメージがあった乗り味さえも丸い。こりゃなんだ?

 

タイヤ交換してこんなに違いを感じたのは初めてかもしれません。

 

ネオバからの履き替えというのもあるかも。

 

また純正ホイールに戻しましたので、見た目は今までのツライチ感無くなりましたが、わりと引っ込み具合が適切で悪くないし、何よりも直安が素晴らしくよくなりました。

 

耐えずステアリングを取られていたネオバに比べて全然疲れないの。これはドライブが楽しくなるタイヤです。

 

今週ちとちと遠出の予定あるので行き帰りが今から楽しみです。

 

ち〜ん。

 

久々の北海道

mutakoba@大仏です。

 

先週は久々に北海道。前回来たのは10年以上前。。。年取るよね。

 

今回は札幌〜帯広コースでした。

 

自由時間もそこそこあり、よい出張でした。

 

夜の札幌、ライトアップ。後ろはテレビ塔

 

 

ちなみにこちらは朝のテレビ塔。朝ランしてるときに撮りました。さすがに11月末ですから、朝と昼過ぎからは冷え込みますね。曇った途端に寒い。

 

 

札幌の夜に戻りますが、ジンギスカン

お店はこちらです。美味しかった。

オススメはお腹を空かせてからの食べ飲み放題4500円でしょうね!

r.gnavi.co.jp

 

ビールはサッポロ クラシック。

 

昨日は国民がキョボーンとしてましたが、この夜はドイツに勝ったということで部屋でオジサン二人は盛り上がっていました。

 

翌日は帯広に移動。

 

朝は霧がエグい。

 

 

The Fogを思い出しますよね。

 

前日の雨が一部凍結していてツルリとコケそうになりました。朝ランも命がけやな。

 

日が差し込んだ翌日はこんな公園の小路をリスと一緒に走りました。

栗とのペアショットは撮れませんでした

 

 

帯広ナイトは専守防衛のみなさんと屋台で短時間一緒になったり。なんかキラついてて素敵でございました。

 

食べました、豚丼

豚肉も選べるのですが、オジサンロースでいいかも。今回はバラ、ロースミックス。

 

お店はこちら。美味しかったのでまた行きたい!お店感がないので注意だね。

 

r.gnavi.co.jp

 

さよなら北海道。いつかまた来ます。

 

 

ち〜ん。