アモ~レ☆チョッチョモ~レ

試す人になろう。

デジタルデトックスキャンプ

mutakoba@大仏です。

先週はずっとPCモニター見てたな。
先々週も先々々週も。
休日はスマホにスイッチ。これはよくないな。。。と思い、いつものあいつの誘いにのっかりデジタルデトックスガレージキャンプしてきました。

アナログトライポッド。
材料費はDAISOの麻ヒモだけ。案外使えるかも!


オヤジふたりなので今回のメインは焼き物ほホルモンとステーキ。


上州牛は美味でした。


グイグイ飲んで深夜まで。

肉のあとは飯盒炊飯とシチューでまったり。食べたければ食べ、飲みたければ飲む。そして時間は過ぎて行く









あー、デジタルデトックスキャンプ最高。
あー、アナログ最高!

もうデジタルの世界には戻れない!


戻れない。。。あれ???
なんかモニターついてる。、あれ?これ富士24hのYouTubeじゃん。ライブ中継やん。全然デトックスしてないやん!


とま、楽しいキャンプでした。

結論、無理にデトックスしなくてよし。



楽しいことを、楽しいやつと一緒に楽しむ。


ワタスにとってこれが本当のデトックス

いろいろ憑いてるもの、落ちた気がする。
耳たぶのうしろにカメムシとまった時は臭かったけどね。

ま、またやりましょう!今回もありがとう!



あ、これもデジタル領域?
半分アナログか。
CC-01にドリフトタイヤつけて遊んでみました。

これが案外面白い!

いつもは横転にヒヤヒヤするコーナリングも超絶安定。重心高いからか、ドリフト案外しやすいですよ。けっこうちゃんと反応します。

だけどフロントとリヤのトルク切り離せないため、ブレーキできっかけ作りづらいのが難点。

見た目もアメリカンホットロッドみたいで今いちやね。


ち~ん。

人生ターニングポイントにサクラ咲くのか?

mutakoba@大仏です。

気づけばはや6月。一年もお返しのターニングポイントですね。

ワタシの人生もそろそろ折り返し(?)、ここらへんで最後の一発、環境変化にチャレンジしてみることにしました。


来月から新しい環境でお仕事開始。
現職ではやりきれていないことだらけで、また、やりたいことだらけでもありますが、そのまえにやらなければならないことだらけでもあり、あと数年間先に迫った50歳になったときの自分が想像できなかった。というのが今回チャレンジを決めた理由ですね。


大変良くしてもらったのに恩返しもまだ道半ばで、申し訳ない気持ちがたくさんですが、このかりは部にして返します。


さて、GT-Rは50年前、50年後の姿が想像出来たでしょうか?

スカイラインといえばミケロッティを連想するかたもいらっしゃるかもしれませんが、イタルデザインのGT-Rは実物1度は見るべきですね。


写真ではこの凄みとエグみがわからないです。
波動砲撃てそう。あ、波動砲装備の宇宙戦艦ヤマトも実物見たことはありませんが。実物見たら本当にあっけなく動員されるんでしょうね。造形物にはそれだけ人と人の心を揺さぶるチカラがありますよね。


ブレーキローターも立派。見せかけだけではないぞ感が半端ないですね。


GT-Rもすっかり無理して手の届くクルマではなくなってしまっまから、逆にこの路線に突き進んで行くのは悪いことではないように思いますね。少なくともTWRのR390ロードカーよりかっこいいでしょ。




おっと、このブレーキは軽自動車規格のBEVサクラのブレーキキャリパ&ローターです。もっとドラスティックにブレーキが変わる日もそのうち来るんでしょうかね?

と、誰も入っていかないところから日産サクラを見ただけの所感に入っていきます。ココロがあまり動いてない証拠でもあるけれど。


アルミホイールのデザインかっこいいな。と思ったらメーカーオプションだそうです。価格にもこだわりましたとか補助金使ったら200万円以下とかよく言われてますが、相変わらず車両価格にゴテゴテオプションをつけていく従来のクルマと同じ買い方、売り方に未来感なし。あミライはトヨタか。




内装の質感がデイズルークスとは違う、シートのアンコまで違うという記事を見かけるが、本当かどうかはご自身でサクラ見たときに確かめるといい。少なくともワタシは電気自動車の先進感という先入観で物事判断するのは危険と思いますよ。




そんなにチカラいれるなら、このポールアンテナどうにかしたらどうですか?



あと、これもオプションパッケージのストライプですが、ストライプなんかホントに入れたいと思う人なんていないだから、せめて貼り付け作業性のことだけではなく見映えもよく考えたほうがいい。


こだわりのリヤビューも



せっかくリヤコンビやり直したんだからカメラマウントとかもうちょっとなんとかできないんですか?




エンブレムは樹脂もので金かけてるんだから、もう少し工夫でディテールが全然違うと思うのに残念の塊ですね。



と大変厳しい評価になってしまいましたが、今の軽自動車クォリティが大変あがってますので、あまりプレミアムとかなんとか言わず普段使いできるBEVとして売り出して欲しいな。昔のMUJIカーみたいにさ。


ラジコンはエンジンカーの方が高くて電動は安いという図式あるけれど、きっと数が逆転すればクルマだってそうなるし(フツーに考えればね)軽自動車BEVの価格破壊あたりをスズキあたりがやってくれたら面白いなぁ?、と思ってるけど今のメーカー垣根越えてトヨタに逆らえない仲良しこよし体制じゃ無理かね?

なんかパッとしないサクラ咲かない報告で自分でも先行きが不安になるのでこの辺で笑

ち~ん。

ジャパントラックショー2022

mutakoba@大仏です。

久々にイベント行ってきました。
パシフィコ横浜で開催されていたジャパントラックショー。

半分お仕事、半分昔の知人を訪ねてです。

午前中に横浜で一件お仕事終わらせて、昼はみなとみらいのゴディバでショコリキサー飲みながらPCカタカタ。結局パシフィコ入ったのは13時過ぎでしたね。


出展されている車両は大きいけれど規模自体はそれほど大きくないこともあり、あまり足も疲れずぐるりとまわれますね。

来場は一般の方が多いんだとか。トラックファンの祭典?なのかな?

まずはカスタマイズから。

デコトラは昔の話。
こんな感じのトラックが複数台あったので、流行ってるのかな?



シルビアスーパーシルエットのカラーリングがいいですね!しかしベーストラクタはなんでFUSO???日産ディーゼルでしょ!と思ったけれど、日産ディーゼルは今はUDという名前でいすゞ傘下なんですってね!そういう意味ではトラクタはFUSOやルノーを使うのが正しいですね

こちらのトラックもなんかコンセプト似てますよね。
フロントリップが金属製というあたりが、良い感じですよ!


マフラーここなんですね!
チタンかチタン風かはわかりませんが、なかなか良いルックスでした。



メルセデスのアクトロスはサイド周りのミラーがカメラに。

トラックやトラクタなどは死角も多いのでしょうからこの手が有効なんでしょうね!出来ればキャビンでAピラー内側のモニターを見てみたかったです。


最近ルームミラー型ドライブレコーダーも流行っていますが、あれなんかも画角次第では常時液晶表示させておくと疲れちゃいますよね。オヤジにとってはカメラの歪みが気持ち悪いなんてこともあるもんです。

こういうところもミラー系がカメラに置き換わっていかない理由のひとつかなぁ?


さて、大型ではサゲ系のカスタマイズは多数あったのですが、アゲ系カスタマイズって案外少なかったです。誰も求めていないのか?パリダカ出てる日野さんの特許なのか?日野さんは例のアレで出展していませんでした。

車両以外のブースで個人的にワタスのM2に欲しい!と思ったアイテムはこちら。ALTIAさんが出してたスーパーキャパシタのバッテリーサポートでした。

アイドリングストップの度にバッテリーにも悪いなぁと思い、ついついアイドリングストップカットしてしまったりするのですが、こいつがあれば少なくともバッテリーへの負荷は少なそう。


商品化に期待!ですね。


初めて参加したトラックショーはエンドユーザーや事業者さん中心に思いの外盛り上がっていましたが、10年くらい前までの乗用車系カスタマイズイベントでもあったような、肩肘張らないよい時代の盛り上がり方であったように思います。 

まだこんなやり方で訴求してるんだ!とかもちろんありますが。。。結局メイン来場者がどう思うか?ですもんね!

ワタシは存分に楽しめました!

ち~ん。

2022 GWも地元でラジコンクローリング

mutakoba@大仏です。

年末に実施した荒川土手のクローリング大会。

季節も変わり再度実施することにしました。

いつものあいつと。

前回はタイヤをホイールに接着しておらずタイヤのみ空転しトラクションが稼げなかったという反省をうけ、今回はしっかりとホイールに接着。


その他適当に組んだアルミオイルダンパーのスプリングテンションを少し強めにして車高上げてみた感じ。これはなにも効かないだろうな。


相変わらずカッコいい。


しかしね、本当に地元はいいところだな。

虫がブンブン飛んでいて、流れる荒川もあまり水がキレイじゃなくて、川の臭いが濃いけれど、やっぱり地元は良いなとおもう。





この雰囲気、この山肌(笑)、モーリタニアや!(笑)



順調に踏破して2度目のジャンピングスポットで不時着してから、英国ランドローバーチームディフェンダーから異音発生。
ギヤ鳴りひどく、トラクションもかかかりません。

一旦休戦で三菱チームも加わりサービスへ。
ボディ外してギヤボックス見ると、モーターとフロントを押さえるケースのビス3×10mmが4箇所ともオーバートルクで締めたおかけで受け側の樹脂がガバガバになっていました。

あー、これはクルマ用のKTCドライバー使ってぐいぐい締めたワタシの整備ミス。

浜ちゃんいわく、「ラジコンはあえてトルクのかからない安物ドライバーでビス回すのが基本」。名言だな。

手持ちに長いビスなどあるはずもなく、カバンを漁って出てきたビニールテープで固定してもダメ。

ホントつまらないところですがこういうところがダメになると走らなくなるもんですね。

結局チームランドローバーは競技続行不可能。リタイヤ。

「じゃー、牽引して帰るんべ」と、これもたまたま持っていた麻ひもで三菱チームのパジェロのリヤデフとディフェンダーのフロントガードを結わえて、帰路へ。




こんな感じでクルマまでちゃんと牽引して帰りました。



うー、悔しいリタイヤ。残念。


帰りにセキチューに立ちより、瞬間接着剤と3×12mmビスを購入。

ネジ穴復活させようと思い、瞬間接着剤を流し込み少し放置。

しかしながらなかなか硬化しないので、3×12mmビスをぶちこむことに。

DAISOのドライバーを用いて恐る恐る締め付けると、、、ちゃんと締結できたわ!

たった2mm、されど2mm。

大切ですね。



このあとテスト走行しても問題なし!

一瞬CC02買おうかとも思ったが、CC01まだまだ現役。

ブシュプシュいってるアルミオイルダンパーを今度組み直すことにして、またリベンジや!


ち~ん。

BMW M2 ドリルドブレーキローター清掃

mutakoba@大仏です。

ゴールデンウィークの連休に入りました。
少しは遠出したい気持ちはありますが、子供も部活だしやることはあるしでお出掛けの予定はまったくなし。

まぁ、こんな年もあっても良いかなと思います。

さて、ゴールデンウィーク初日にずっとやりたかったBMW M2のブレーキローター清掃をしました。

ドリルドの穴がブレーキダストで詰まってしまっています。




今回はローター外さずに作業してみようと思います。

やり方は単純です。
外からは割り箸を使ってえいえいとドリルドホールに刺してグリグリしていきます。

でも内側からどうやったらええんやろか?
雨避けのガードがついてますし。


といろいろ悩んでみたのですが、5mmのヘキサゴンの柄のほうで内側からドリルドホールに押し込めばダストがとれました。
(リヤはクリアランス少なく内側からダスト取ることは出来ませんでした。ローター外すしかないね)



こんなにたくさんとれました!


すっきり!

せっかくの機会なのでタイヤ&ホイールは純正に戻し、TWS&ネオバはもったいないので保管することにしました。


最後にコーティング。

今回初めてLOOXルックスのレインドロップを使ってみした!


今までワコーズ使ってましたが、これからはこれで良いや。

大満足の仕上がりとなりました!

さて今日はお出かけ!してこよ。


ち~ん。

昭和平成なつかしオールドカー展示会後編

mutakoba@大仏です。

4月24日にアリオ上尾で開催されていた昭和平成なつかしオールドカー展示会の続き。

ワタシもデルタ持っていたらきっと出ていたでしょう。

手放してもう6年?7年?
いろいろあったけれど、オーナーにならないとわからないこと、たくさんありました。怖くてサーキットいけなかったな。


こんなに素敵なコンディションのデルタ!素敵!惜しげもなくコンペティションしてるのがまたいいですね。







16Vもかっこよく思える。
この年になってそう思えるようになったな。


16Vといえば、このサンレモラリー(でしたよね?)の赤マルですね。




こちらはフロントバンパーやり直し中のジアッラ。

ブルーガラスが素敵。
デルタのガラスの色は何色かあると聞いたことがあります。



何気にスタリオンも数台いらっしゃいました。
オーナーさんには大変申し訳ありませんが、私からしたらピカピカよりも普段使いされてるような相応のコンディションの車体に惹かれてしまいます。


コロナだなんだと我慢が続きますが、屋外で早くマスクをとって、オーナーさんと一言二言お話しできるようなイベントになるといいですね!

また開催されたら見に行きます!

ち~ん。

昭和平成なつかしオールドカー展示会

mutakoba@大仏です。

素晴らしいクルマたちが無料で近所で見れるなんて、ホントにワタシは良い時代を生きてるのではないかと錯角しそうなイベントがタイトルのイベントであります。


日曜日午前7時に朝ランしてたんですよね。

今回は鴨川をくだってみよういうことで、ぐんぐん下り気付いたら立派な建物。聖学院大学でした。新大宮バイパスやんけ!思えば遠くへ来たもんだ。

ここでプチトラブル。
木金土と飲み過ぎたおかげ?で左足のふくらはぎが、吊ったあとのような感じになってしまいました。シューズは最高級のアシックスニンバス22ですよ。

しかし。。。
家から一番遠くまで来たとこで発症するか?

ふくらはぎよ!頑張れ!


ここからは騙し騙し帰ることにしました。太ももで走る感じで。

なんとか帰っていよいよアリオ!、というところでなんか今日の上尾道路は旧車が多いなぁと感じる。

アリオの角でFCが列をなしているのを見て、ははぁ~ん何にかあるなと、ここまでくるとほぼ、びっこになった左足に鞭をいれ、駐車場を見ると、おー、今日はイベントやるんだと気づかされました。

見たいけどまだオープン前だし、左足のふくらはぎは痛いしで、とりあえず帰ろうと駐車場横目に帰路に。

駐車場から数百メートルの次の角で、信号待ちしてるのが、赤色灯回転させた高機のFDとR34で、青信号で角を曲がりワタスの横を抜けていった瞬間、なんか久々に衝撃が走った感じで、かっこよさに一人震えました。

びっこひくふくらはぎは震えてましたが、背筋にイナズマみたいなのが走りましたね!ドーパミンがどーぱどーぱと溢れる音が聞こえました。


普段は見に行かないんだけど絶対行こう。
でも家族サービスしなきゃ。と午前中はイオン羽生へ。


そしたら、キャメ氏から出展車両情報。
さすが、時代は情報戦ですな。

もうイオンは上の空ではよいきたいはよいきたいとはぁはぁいってました。


アリオ着いたのは午後2時過ぎ、雨も降ってきましたが帰り道にアリオで降ろしてもらい、一人で散策してみました。あいにくの降雨で帰られているエントラントさんも多かったですがそれでも、たくさんの響くクルマ見れました。

ワタシを惹き付けた高速機動隊のパトカーも!

いいんですよ。象徴でいいんです。文句なし。


象徴の雨に濡れたシンボル。
剥げても雨入ってもいいですよ。


かっこよすぎて涙が出ます。
久遠にカッコいい。上尾ですからね、永遠は久遠と言い換えます。


ちなみにワタシのショーオブザカーはこちら

N14パルサーGTi-R。

キレイで品よくハクある一台。
こういう車を持てる大人になりたい。
諦めないことの大切さを教えてくれる一台。





続きはまた次回。


ち~ん。